原因A 汗!

汗の影響!

『汗』も背中ニキビの原因の1つです。

全身に汗を出す『汗線』というものがあり、体温調節や体内の老廃物を外に出すための大切な役割をしてくれています。背中は汗線が他の部位に比べると少ないのですが、1つの汗線から出る汗の量が多く、手足に比べて約10倍です。

 

汗それ自体は汚れていないのですが、汗をかいた後の処理をきちんとしないと皮脂や老廃物、肌の表面についた細菌などと混ざり合うことで毛穴がつまり、背中ニキビになってしまいます。また、それらが混ざり合うことによって、臭いの原因にもなります。

汗の対策!身に着ける衣類に気をつけよう!

いつもシャワーを浴びたりなどと、常に背中を清潔に保つことは難しいので身に着ける衣類を変えましょう。吸水性が良いコットンや、通気性換気性の良い素材を選ぶことが大切です。化学繊維の衣類は吸水性が悪いため、お肌を不潔にします。

汗の対策!髪をアップにしよう!

髪の毛を束ねていないと髪の毛が背中の汗を蒸らし、ニキビの原因になります。汗を沢山かく暑い時期には髪をアップにさせ、通気性良くするように心がけましょう。

汗の対策!毎日入浴しましょう!

毎日入浴をすることにより、毛穴を綺麗にすることができます。湯船に入らず、シャワーだけで済ませていると毛穴があまり開かないため、汚れが落ちません。これもニキビができる1つの原因です。

 

毎日20分は湯船に入りましょう。20分間、湯船に入ることによって毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなります。また、20分間湯船に浸ると汗をかきます。このとき汗を沢山かいて老廃物を外に出してくれるため、汚れを落とすのにとても効果的な環境になっています。

 

湯船から出たらボディープなどで、優しく体を洗います。摩擦力の強い化繊物でない、絹や綿や麻の天然素材のスポンジで、弱酸性の刺激の弱いボディーソープで洗いましょう。スポンジやボディーソープの刺激が強すぎると、アクネ菌や体に必要な脂が減少しすぎでしまし、逆効果なので気おつけましょう。

 

最後にシャワーで冷たい水を浴びると毛穴が引き締まり、より効果的です。