脱毛は自分に自信を与えてくれます!

脱毛は自分に自信を与えてくれます!

小学校中学年くらいから始まりました。

 

私のむだ毛へのコンプレックスは小学校中学年くらいから始まりました。身体の成長が比較的早くて足にもむだ毛が生え始めていたのですが、まだ子どもだったため「むだ毛を処理する」という意識がなかったのです。「むだ毛は恥ずかしいもの」と理解したきっかけは、クラスメートの男子生徒に「女なのに足に毛が生えている」とからかわれたことでした。

 

以来、むだ毛に関してはすごく気をつかうようになりました。特に中学高校時代は、体育の時間に人前で着替えたりすることもあったので、ワキ毛の処理は毎日欠かさず行っていました。それでも、もともと体毛が多くて毛が太い体質のために、ワキなどは毎朝カミソリで剃っても、夕方にはもう腕を上げると剃り跡が見えてしまうような状態でした。

 

むだ毛を除去して憧れのツルピカ肌を手に入れることが長年の夢だった私は、大学に入学してからアルバイトでお金を貯め、サロンでワキと足を永久脱毛しました。さらに、現在ではブラジリアンワックスと呼ばれるワックス脱毛でアンダーヘアも定期的に処理しています。

 

実際に脱毛をしてみて私が思うのは、「むだ毛にコンプレックスをもつくらいなら、思いきってすべて脱毛してしまった方がいい」ということです。確かに、脱毛によって引き起こされるかもしれない問題もあるかもしれません。それでも、私のようにむだ毛のことが気になって、ビキニやノースリーブを着たり、キャミソールで吊革につかまったりするのを躊躇するような状態の方が精神衛生上よくないと思っています。脱毛を経験した今、私は自分の身体に以前よりも愛情をもてるようになりましたし、お洒落自体も楽しくなりました。

 

むだ毛で悩んでる人にとって、脱毛は自分に自信を持つためのきっかけとなります!私は思い切って脱毛をして、これからの人生楽しく生きていく方が賢いと感じています。

 

ケアが楽で肌の負担が少ない、脱毛のススメ

 

脱毛を行うことについて、女性の中でも賛否両論あるかとは思いますが、私は脱毛賛成派です。
それは私が10代から無駄毛についてとても悩んでいたからです。

 

私は中学生くらいの頃から毛深いのが悩みで、10代の頃は自分でできるいろいろな脱毛に手を出しました。
剃刀や脱毛テープ、無駄毛を溶かす脱毛クリーム、家庭用脱毛機など学生のおこずかいでできる限りいろいろな方法を試してきました。
しかしどの脱毛方法も肌に負担がかかったり、繰り返し行うとよけいに毛が太くなって毛深く見えてしまったりと問題点が多いのが悩みでした。

 

私が10代の頃は身近に脱毛を行うエステサロンが無く、またあったとしても高額なエステサロンでとても学生に手が出せるものではありませんでした。
そんな私の10代の頃に比べて、現在は手ごろな値段で丁寧な脱毛をしてくれるエステサロンが多くあり、どこに通えばいいのか迷うほどです。
正直今の若い世代の子がうらやましいです。

 

もし私に10代の娘がいて、私の様に毛深いことを悩んでいたらエステサロンで脱毛をすることを薦めます。
せっかくの青春時代に無駄毛のことで悩んでほしくありませんし、プールや海で堂々と水着になれるようになってほしいです。
今もし無駄毛で悩んでいる方がいれば、悩んでいるよりも早くエステサロンで脱毛することをお勧めします。
無駄毛のことを気にすることなく、ポジティブになっていただきたいです。