脱毛処理のトラブル

脱毛処理のトラブル

毛抜きでの脱毛処理のトラブル

 

脱毛処理をするのに色々な手段がありますが家で毛抜きを利用する人が多いと思いますが注意が必要です。
眉毛などの処理をする時のも毛抜きを使いますがそれとは違う反応が出る部分もあります。
私がトラブルを起こしたのは脇の部分です。
私は毛抜きで脇などの処理をしていましたが埋もれ毛になったり毛穴から複数の毛が生えてきたりしました。
酷い時には、毛穴から血が出てくることもありました。
脱毛処理を最初に間違うと後で大変なことになるということをこの体験で知りました。
その後脇などは鳥肌になってしまい脱毛ができてもなんだかテレビや雑誌などで見かける女性が脇をあげたときのツルツルした肌の間隔とはほど遠いものでした。
毛抜きで処理するのは肌を傷めることにもなります。
無理やり毛をつまむと引っ張り毛穴を傷つけもしています。

 

他の部分でも1本だけ腕に濃い毛が生えている部分がありそれを処理する時に毛抜きを使っています。
1本だけならその方が良いと思ってしていますが痛みなどを伴います。
眉毛を処理するのも痛いですが毛抜きは意外に激痛があるのも脱毛処理の方法でマイナスの部分があります。
人それぞれによって違いはありますが毛抜きで処理をする場合肌を傷めるケースが多いと言う事を知っておく必要があります。

 

肌が弱く、カミソリまけが酷かったので

 

私は昔から肌が弱く、カミソリでひげを剃るとカミソリまけが酷くて悩んでいました。
更に、肌の色も白くキチンと剃ってもどこか青く残ってしまう事も多くそれが嫌でした。

 

かといって脱毛できるほど経済的にも余裕がなかったので、ふと思いついたのが毛抜きで全部抜いてしまおうという考えでした。
それ自体はとても簡単で大した痛みもなく抜けてしまうためにしばらく続けてしまいました。
時には出血したり、次の日にニキビのような膿を持ったできものができたりしましたが特に気にせず続けました。

 

そうこうしているうちに、顎などに常に何かできものができている状態になってしまい、当然見た目は良くありません。それにもともと肌が弱い体質も重なってかなりひどい状態になってしまいました。

 

しかし、できもののせいで到来のカミソリでのシェービングすらままならない状態になってしまい、余計にひどい状態になりました。

 

今ではその失敗から毛抜きでの処理はやめるようにしましたが、それでもできものの後がくすんでいたり、変な跡が残ってしまったりしています。

 

毛抜きを使えば手軽に意外とすっきりしてしまいますが、絶対にそのあとに後悔します。
跡やくすみになってしまってはもう治る事もありませんので、やめた方が良いなと思いました。