若き頃の過ち

若き頃の過ち

若い頃なら誰もが歩む可能性のある美容に関する大変な間違いをまとめてみました。

 

まさかの展開にびっくり

 

私が毛の処理に対して興味を持ったのは確か中学生くらいの時だったと思います。最初は足の脛の部分が気になって、こっそりお母さんの剃刀を使って処理してみました。しかしそれは安全カミソリではなく顔用の剃刀だったため、よく切りすぎて血が出たためやめることにしました。次に私が興味を持ったのは毛抜きで一本一本抜くという方法でした。自分用にお小遣いでこっそり買ってきて使ってみたのですが、顔用カミソリに比べたらまだ痛くない方法だし、この方法をしばらく続けていました。ですがそのうち問題が起き始めました。それは埋没毛になるということでした。一度埋没毛になってしまうとその毛は生えてこず、抜くためには皮を破るしかないので私はとても困りました。そしてさらに困ったことは、脛の部分の足首に近い部分だけ何故か毛が太く生えてくる部分ができてしまったということでした。このことにはとても驚きました。何故なら、実は私のお母さんも同じように太く生えている部分があるからです。これはもしかして遺伝なのかもしれませんが、でも毛抜きで処理を始める前は確かに全ての毛が今より細く埋没毛なんてものもなかったのです。今は懲りて安全カミソリを使っていますが、若いころの適当な処理の方法をしたせいでこうなってしまったと思っています。そして今もあの部分的に生えてくる太い毛は治っていません。

 

足に真っ赤なぶつぶつが!

 

中学生のころ、毛抜きで足の毛を抜きまくっていました。
なぜか友達の間で流行っていたんです。
まだ産毛の抜かなくてもいい毛まで抜いていました。
毛を抜くのが楽しみになっていてヒマがあるとポチポチと。
でも、ある時、足に真っ赤なぶつぶつが大量に発生していて!
毛穴が赤く腫れていたんですが、足全体が真っ赤といってもいいほどになっていました。
ビックリして氷で冷やしたり、水につけてみたりしたんですが、治らず。
次の日に学校に行くのにスカートをはくのがすごくイヤでした。
でも、休むわけにはいかず、しぶしぶ学校に。
すぐに友達に毛抜きで抜いたらダメだよ!ひどい事になるよ!と教えました。
しばらくすると赤みはひいたのですが、今度は毛穴が黒ずんでしまって。
肌が白い私。白い足に黒いぶつぶつが大量に。これが目立ってしまって。
毛抜きで抜いていた事をひどく後悔しました。
それから毛抜きで抜く事は辞め、すぐに脱毛器を買いに行きました。
今は、だいぶん良くなっていますが、まだ毛穴は目立ちがち。
しかも産毛まで抜いていたからか、足の毛だけ濃いんです!

今でも、スカートをはくのを躊躇ってしまう私。
どうして中学生のころ、足の毛を抜くのにハマっていたのか本当に不思議で後悔しています。

 

毛抜きの脱毛は要注意

 

毛深い人なら、絶対経験があると思います。
何って、脱毛の経験です。
まず最初に思いつくのがカミソリと毛抜きですよね。
まず、毛抜きとカミソリが無いお宅は無いと思います。
何処にでも誰にでも低価格で揃う脱毛グッズが毛抜きとカミソリですね。

 

高いものは高いですが、一番安いと百均でも揃える事ができますね。
小さい頃から毛深かった私は、親に何も言わずに家にある毛抜きとカミソリを使って脱毛していたものです。
やっぱり、小さいながらにもツルツルの方が嬉しいし、単純に毛深いのは恥ずかしかったのです。

 

でも、コレって落とし穴ですよね。
誰にでも手に入るもので、家にもあるものですがこれで永久脱毛できる訳はないのです。
いわゆる応急処置って感じでしょうかね?

 

その場では綺麗にスルッと抜ける毛ぬきは、毛根まで付いてくるから次に生えてくるまで長く時間がかかりそうなイメージですがそんな事もありません。
すぐに毛は生えてきます。
毛抜きで抜いても抜いても毛はいたちごっこのように生えてきます。
しかも、毛抜きで抜いた後の毛は剛毛になってきてしまいます。
更に、毛が皮膚の下でぐるぐると埋没して生えるようになってきてしまいました。
外からみると黒ずんで見えますが、ちょっと皮膚を切り引っ張ると長い毛が出てくる事も多々あります。
毛抜きを使っていたためにえらい目にあいました。
やっぱり専門の所でキチンと脱毛するべきですね。